高級万年筆,文栄堂,万年筆

高級万年筆 文栄堂

万年筆の文化史

万年筆はペンとともに1960年代頃まで、手紙やはがき、公文書など改竄不能[6]な文書を書くための筆記具として主流であったが、徐々にボールペンに取って代わられ、1970年代に公文書へのボールペンの使用が可能になり、また書き味に癖がなく安価な低筆圧筆記具である水性ボールペンが開発されたことにより、万年筆は事務用・実用筆記具としてはあまり利用されなくなっている。むしろ、役所によってはサインペンと同等と看做されて使用禁止にされているところもある。しかし、近時万年筆の希少性・独自性が見直され、趣味の高級文具として復権の兆しが見られる。また、万年筆のデザイン性、希少性に着目し、コレクターズアイテムとしても注目されている。

 

 

注目セレクト商品

限定品 M805 ヴァイブランドブルー

天然のお花を押し花したボールペン


 

ソネットリニューアル

2016年 手帳特集


 

レザーマン 取り扱い開始

少量入荷! パーツ名刻印入デモンストレーター


 

フォルジュ・ド・ライ ヨール

ペーパーナイフ

手作り万年筆 中屋万年筆


 

 

 

おすすめ商品

ペリカン 万年筆 スーベレーン M400

ラミー 万年筆 サファリ


 

ラミー 複合筆記具 ラミー2000 4色ボールペン L401

パーカー 万年筆 ソネット オリジナル ラックブラックCT


 

ウォーターマン 万年筆

メトロポリタン エッセンシャル

モンブラン 万年筆

マイスターシュテュック 149 1057


 

 

 

 


ホーム RSS購読